Google Maps APIsを活用する場面

subpage01

地図は目的地までのルートを探ったり、周辺にどのような物があるのかを確認するのに便利なツールです。
GoogleMapsAPIsは、Webサイトで地図コンテンツを作り際にAPIを通してコンテンツ作りに必要な機能を搭載させる事が出来るAPIです。

Google Maps APIsの価値ある情報を探してみてください。

その為、JavaScriptなどのスクリプト言語からこのAPIを通して地図データを呼び出したり、マーカー機能やポップアップ機能やルート機能を追加したり、ストリートビュー機能を導入したりといった事が可能です。



GoogleMapsAPIsを活用するシーンとしては、企業サイトであれば店舗情報においてアクセス情報に活かせます。

地図コンテンツを掲載すれば、拡大縮小やポップアップによる情報の表示などを行えますので集客ツールとして使えます。
一からこのような機能を搭載していくのは非常に手間がかかりますが、GoogleMapsAPIsを導入するだけで実現したい機能を直ぐに導入出来るのはサイト開発や運営を行う上で有効です。GoogleMapsAPIsは、個人向けのライセンスと法人向けのライセンスがあり、法人向けの方が高機能で高画質な衛星写真データを使えますので、綺麗な地図やより膨大な情報を使いたい時には法人向けライセンスを選ぶ必要があります。高画質な衛星写真が使えるようになる事で、企業は消費者へ新しいサービスを提供する事も可能です。



特に複数の支店や工場や店舗を持つ企業では、大量の地図データを詳細に使える事は集客ツールの精度を上げるのに欠かせません。