Google Maps APIsによる地図表示について

subpage01

自分のウェブページに地図を表示したい場合、パソコン対応ページなのか、あるいはスマホなどのモバイル機器対応ページなのかにもよりますが、GoogleMapが表示できないかどうかをまず考えると思います。Googleは基本的に無料で使える検索サイトであり、地図表示も基本的には無料で表示させることができます。

Google Maps APIsにまつわる情報をまとめています。

ではどうやって地図を表示させるかというと、固定の地図を表示させる場合には「埋め込みコード」を使用します。

地図を検索し、その検索結果で表示される共有コードを、自分のウェブページにそのまま入れ込めばいいだけです。


ただし、固定の地図を埋め込むだけなので、凝ったデザインにするとか、ユーザー操作に対応するといったようなことはできません。



一方、「GoogleMapsAPIs」を使うやり方もあります。

この場合、必ずAPIsキーを取得する必要がありますが、カスタマイズした形での地図表示が可能であり、逆に単なる画像として地図を出力させたりすることもできます。GoogleMapsAPIsを使う場合、JavaScriptを使用したり、何らかの高級言語を使って、地図データを取得する必要があります。

このとき、GoogleMapsAPIsを使うためのライブラリの読み込みが必要となります。
また、CSSの設定も必要です。


後は座標データがあれば、最低限の地図表示ができるようになっています。



そして、オプションを配列で指定することにより、拡大・縮小やマーカーの標示など、色々なカスタマイズをした地図表示をすることができます。