Google Maps APIsのファイルは外部で管理

subpage01

インターネットを使えば必要なことを調べることが出来るわけですが、自社サイト内にグーグルマップの地図を使う時には、URLをそのまま記述する方法とGoogleMapsAPIsを使う方法があるのをご存知でしょうか。

Google Maps APIsの専門技術を身につけましょう。

URLを記述した場合には、すべての機能を使うことは出来ませんが、手作りの地図ではなく利用者数が多いグーグルマップを埋め込めるようになります。しかし、どうせ埋め込むのであえば便利な機能が使えた方が便利ですし、訪れたユーザーも普段使い慣れている地図があれば、サイトの利用率も高くなります。



GoogleMapsAPIsは公式サイト内でチュートリアルが用意してあり、その中にはサンプルコードが公開してあるので、初めての人でも取り組みやすくなっています。



サンプルコードは現在のウェブページのHTMLに記述を行えば良い、コピーして貼り付けるだけなので簡単に出来るメリットもあります。

GoogleMapsAPIsには色々な機能を使えるAPIを多数用意してあるので、色々と試してみると良いでしょう。開発者が作成したJavaScriptになるので、勉強したい人にもチュートリアルのサンプルコードは学習材料になると言えましょう。
色々な機能を追加して行く内に、HTMLは従来の数倍もの量になってしまう、ページを更新する時に可視性が悪くなっているためメンテナンスがしにくくなるケースも出て来ます。独自のスクリプトを記述する内に、本来のHTMLのメンテナンスが悪くなるのでは困ります。

こんな時にはGoogleMapsAPIsで使用するスクリプトファイルを外部に置いて、HTMLにはそのスクリプトを読み込むためのコードを記述すると良いのです。